記事一覧

強いマッサージがシワを生む

肌の代謝を上げるにはマッサージ。引き上げるように、下から上へとよく言いますが、これは効果があるのでしょうか。マッサージの一番の効果は、血行促進。肌の血行が悪くなると、肌の再生がさまたげられ、シワなどの老化の原因になります。よって、マッサージはその予防にとても有効です。しかし、気合いを入れて強くマッサージをして、かえって肌をいためている人が実際多いようです。まず、マッサージでシワを引き伸ばしたりはできないということを、肝に銘じておきましょう。マッサージの効果はあくまでも血流をよくすることであり、肌のシワを洋服のシワのように引っ張ってのばすことではないのです。

シワは引っ張っても伸びません。肌の中には複雑なコラーゲンやエラスチンのネットワークがあり、これが崩れてしまうことがシワの原因です。洋服の繊維よりさらに肌の線維構造は複雑なので、手で伸ばしたりしてそのネットワークを元に復元することはできません。引っ張るとむしろ逆効果になることがあります。老化してもろくなったコラーゲン線維は、強く引っ張ると切れてしまい、さらに肌は弾力を失います。マッサージをするときは、クリームか美容液をつけて指すべりをよくしてから行います。

こすることもシミの原因になるので要注意です。中指と薬指の二本の指で円を描くようにクルクルと肌の上をすべらせていきます。このとき、皮膚にシワを寄せない程度の力で行いましょう。その程度の力ならば、シミやシワを悪化させることはありません。また、毎日してはいけません。マッサージをするなら、週に一回までにとどめましょう。上手に行う自信がない人は、プロの手にゆだねてみましょう。他人が行うマッサージならば心地よさは倍増。気持ちがよいと感じる刺激は、エストロゲンの分泌をうながすともいわれるので、若返り効果はさらに期待できますね。