記事一覧

保湿の三因子

肌の水分を守っているのは①セラミド、②天然保湿因子、③皮脂の三つで、これをあわせて保湿の三因子といいます。三因子といってもその役割は3分の1ずつではなく、肌のうるおいに対する働きは、セラミドの働きが約80%、天然保湿因子が17~18%、皮脂は残りの2~3%といわれます。皮脂がうるおいのために重要だと考えていた人は、保湿に対する考え方を改めましょう。なお天然保湿因子とは分子の小さいアミノ酸などの集まりで、角質細胞の中にあって水分を維持していますが、空気中の湿度が下がるとその働きも低下します。つまり、冬場などの最も乾燥が激しくなる時期にはあまり働かない、ちょっと頼りない存在です。

ただ、化粧品に配合したときの使用感がよく、また原料として安価であるというメリットがあるため、化粧水などによく配合されています(アミノ酸配合の化粧水などがそうです)。洗顔料にもいろいろありますが、おすすめは固形石鹸です。クリームやミルク状などの洗顔料を使っている人が多いようですが、これらはものによってかなり中身にばらつきがあります。固形石鹸は昔ながらの石鹸成分を主体としたものが多いですが、クリームやミルク状の洗顔料は強い界面活性剤を多く含むものもあります。界面活性剤はスキンケアにおいて必要なものですが、強すぎると肌荒れの原因になります。クリームやミルク状の洗顔料では、見た目で中身がわからないので、どの程度の界面活性剤が入っているかがわかりません。

石鹸を選ぶほうが無難だといえます。洗顔石鹸も、オイリー肌用から乾燥肌用まで、洗浄力によっていろいろなものがあります。自分の肌に合わせて選びましょう。洗顔直後は多少つっぱる感じがして、そこで保湿ケアをするとしっとりして落ち着くというくらいのものが肌に合っているといえます。洗った直後からまったくつっぱり感がないものは弱すぎです。反対に、いくら保湿してもあとからガサガサになってきてしまうものは、洗浄力が強すぎであなたの肌にあっていないのです。また、いろいろな有効成分を配合した石鹸もありますが、流してしまうものなのであまり効果は期待できません。洗うことだけを目的とした、シンプルな石鹸がよいでしょう。