記事一覧

コットン神話を検証する

「そうはいっても、コットンでつけないと化粧水がしっかりつかない」という人がいますが、それは本当でしょうか。コットンにまつわるまことしやかな俗説が世間にはびこっているようですので、これらをひとつずつ検証してみましょう。

①たたきこまないと、しつかり肌に「入らない」
化粧品が肌に浸透するかどうかは、ほとんど成分で決まります。たたいたりすりこんだりしても、入るものは入るし入らないものは入らないのです。水性よりも油性のもののほうが入りやすい、また分子量が小さいもののほうが入りやすいという傾向があり、その条件を満たさないものはたたいても入りません。網の上に砂利をばら撒いたところを想像してください。粒子の小さい砂や小石は勝手に網をくぐっていきますが、大きいものは綱の上に残りますね。肌に化粧品をつけたときはこれと同じ現象がおきており、入るものは入って人らないものはそのまま表面に残ります。

化粧品成分の中でも、奥に浸透して効果を発揮する成分はそのように設計されていますし、保湿成分などの表面にとどまって効果を発揮する成分はとどまるように設計されているので、手で押し込んだりしなくてよいのです。網の上の大きな石は、押してもたたいても人らないし、強くたたけば網がいたむかもしれません。肌も同じで、入らないものを入れようとパンパンたたくことは、肌をいためるだけでメリットはないのです。たたいていると「入った」気がするという人がいますが、それはどうしてでしょう。つけた化粧水のビシャビシャ感がなくなったことで「全部入った」と満足する人が多いようですが、それは入ったのでなくほぼ蒸発してしまったのです。化粧水の大半は水なので、たたいている間に蒸発していきます。飛び散る分もあるでしょう。化粧品が浸透するかどうかは化学現象です。もっというと、肌の上で起きていることはすべて化学的な反応です。人の手で操作できるものではないのです。

②コットンでつけないとむらづきになる
化粧品を肌にむらなく均等につけたいのであれば、均等に肌のうえにのせればよいのです。砂利を均等に網にのせるイメージです。均等にのせれば、小石は均等に網をくぐっていきますね。コットンでたたくと恐らく、かえってむらになるでしょう。ほほ骨の部分はたたく衝撃を強く受けるので、化粧品はまわりに飛び散り、肌に入る量は少なくなると想像されます。

③手が吸いとってしまう
手が化粧水を吸ってしまうから顔にいかなくなるという、奇妙な説があるようです。手に化粧水をとると、スポンジのように瞬時に吸い込んでなくなってしまう人がいるとしたら、ぜひ一度拝見したいものです。手が栄養を吸ってしまうという詰もあるようですが、手の皮膚には、栄養成分だけを抽出して瞬時に吸い取るような特殊な機能は存在しません。手にとった化粧品やその成分が吸い込まれてしまうならば、手で洗剤などを触ることはきわめて危険です。また手が瞬時に栄養を吸ってしまうならば、素手で調理をしていると栄養をどんどん吸ってしまい、手作りの料理などは栄養豊富とは程遠いものになります。

手が吸い取ってしまうと危惧することが杞憂であることはお分かりいただけたと思いますが、実は手と顔で比べたら、手のほうがものを吸収しにくい皮膚になっています。案外知られていないことですが、化粧品などの成分は、その多くが皮膚から吸収されるときに毛穴を通して吸収されていきます。手には毛穴がないので、ものを吸収しにくいのです。手の皮膚はいろいろなものを触っても大丈夫なように、うまくできているということです。顔は皮膚が薄く、さらに毛穴が大きく密なので、非常にものを吸収しやすい部分です。人体の皮膚で特にものを吸収しやすいのは、顔と陰部です。