記事一覧

化粧水コットンバックは有効か

化粧水をコットンにしみこませてパックするという人がいます。これは肌にとってさほど害にも益にもならないものですが、過信すると弊害が生まれます。化粧水はほとんどが水で保湿力は弱いので、パックして浸透させても時間がたてば蒸発してしまいます。肌の水分をつなぎとめる物質であるセラミドなどが足りていなければ、水分だけを与えても肌はうるおいません。化粧水でパックして、その後にセラミド配合などの保湿美容液をたっぷりつければよいのですが、それをしないと後で乾燥してしまいます。しかし化粧水でパックするとその場はうるおったように感じるので、あとのケアがおろそかになることがあります。

それが落とし穴になるのです。化粧水などの水分をたっぷりしみこませたときの肌のうるおい感は、あくまでつかの間のものと心得ましょう。肌の中の水分には、結合水と自由水というものがあります。結合水は、角質層の保湿物質やケラチンたんばくなどと結合した水で、湿度が下がっても蒸発しません。自由水は結合していない水なので、空気が乾いてくると蒸発してしまいます。肌のうるおいを担っているのは、結合水です。たとえていうなら、結合水は家の住人で自由水は客人です。客人は自由に来て自由に帰ってしまいます。いつも家にいて家を守るのは住人つまり結合水ですから、これを増やさないと肌のうるおいは増しません。

つかの間の来客を増やしても意味がないのです。化粧水を何度もたたきこむとか、コットンバックをする、スプレーをかけるなどして一瞬うるおったように感じても、それは自由水が増えただけです。時間がたつと乾いてしまうのは、水は自由に蒸発していってしまうからです。結合水を増やすために必要なのは、結合水が定住する場所つまり保湿物質です。セラミドがたくさんあれば、それと結合して水はその場に定住します。肌のうるおいのためには水を与えるのでなくセラミドを与えることが重要だというのは、そういう意味なのです。